FC2ブログ

2020-08

機械の部分を描く

今日も引き続き、工場の風景を描いています。
機械のごちゃごちゃした所は好きな構図です。
プラモデルのロボットや戦闘機を描いた、劇画タッチの箱の絵は迫力が
あって好きだったことを思い出しました。子供の頃はJR須磨駅で停車すると、
手描きの映画の看板がたくさんあって、それも良かったです。
今でも心に残っているのは、描いた看板屋さんの気持ちが入っていたのかなと
思います。

20200731_155924.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

須飼秀和

Author:須飼秀和
1977年兵庫県明石生まれ  1998年にバイクで西日本を回り、出会った人々の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描くようになる -このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ (0)
日記 (718)
お知らせ (182)
過去の仕事 (8)
ポートフォリオ (0)
作品 (91)
未分類 (53)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR