FC2ブログ

2020-06

もう一度、佐野邸へ

前回、姫路市の夢前町にあります佐野邸の撮影に来たのですが、
紅葉のピークではなかったので、昨日行って来ました。
撮影をしたのが午前中の十時前でしたので少し逆光で白くなっています。
でも、幻想的な雰囲気が出て綺麗です。
くっきりと撮影したいのでもう少し時間を空けてみます。
佐野邸の近くに立体造形の作家、東影智裕君のご実家と
刀工の明珍さんのご自宅があります。
東影君は高校の一つ後輩で、
姫路で現在会期中の「現代郷土作家展」で展示をしています。
会期中、ワークショップもあるので、東京から帰って来ていました。
少しお邪魔して、話をしました。
頑張って良い作品を作り続けているので刺激になります。
sanotei (7)
東影君のお父さんに紅葉の綺麗な所を
教えて頂いたので、近くのお寺の参道を歩きました。
良いお天気で木漏れ日が綺麗でした。
また、一緒に何か展示が出来ると良いです。

sanotei (9)

東影君の所から明珍さんの所へお邪魔しました。
前回もお伺いさせて頂いたのですが、
その時は、お仕事で居られなかったのですが、
今回はお会いすることが出来ました。
今回も奥様が美味しいお食事を作って下さいました。

刀と絵、作っているものは違いますが、作家として
通じる事がたくさんあり、お話しているとすぐに時間が
過ぎてしまいます。
明珍さんが作られた刀を見せて下さいました。

myoutinnsann (2)

見ているとたくさんの意味が含まれているような不思議な感覚になり、
惹きこまれて行きます。
言葉では言い表す事の出来ない空気感や
明珍さんが作られた想が伝わってきます。

myoutinnsann (3)
ライトを当てて見せて頂きました。
光の当たり方によって色々な表情を見せてくれます。
見ている人の気持ちなどでも見え方が変わってくるのだと思いました。
とても美しい模様です。
myoutinnsann (4)

myoutinnsann (5)

初めてつくられた短刀も見せて頂きました。
お話を伺って、奥様と二人三脚、とても誠実で
刀に向かっておられる姿に感銘致しました。

myoutinnsann
帰る間際、工房の前で写真を撮れして頂きました。
また、お会いしたいですし、
今後も作品を見て頂きたいです。

最後にもう一度佐野邸に寄りました。
sanotei (8)
くっきり見えて良かったです。
来年、大きなサイズで制作したいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

akashi

Author:akashi
1977年兵庫県明石生まれ  1998年にバイクで西日本を回り、出会った人々の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描くようになる -このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ (0)
日記 (701)
お知らせ (181)
過去の仕事 (8)
ポートフォリオ (0)
作品 (91)
未分類 (53)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR