FC2ブログ

2020-06

姫路へ

日曜日に、お世話になっています毎日新聞神戸支社の方からチケットを頂いたので
姫路市立美術館で開催されている「青山熊治展」に行ってきました。
青山
JR姫路駅からみゆき通り(おおきな商店街)を抜け、お城の東側、動物園の近くに美術館があります。
お城の前の広場ではB級グルメの屋台がたくさん出ていました。2.jpg
冨士宮焼きそばに大阪のホルモン焼き、唐揚げなど。
また、ステージが組まれ、賑やかです。
1.jpg
兵庫県のマスコット、はばタンも来ていました。しろ
お城の正面の門から東側に行くと鯱鉾があり、ここから綺麗に姫路城が見えます。
残念ながら今は修復工事中ですので完成が待たれます。
ここから、すぐの所に美術館なのですが、写真を撮るのは忘れてしまいました。すみません。
青山熊治は兵庫県生野町出身の洋画家で、初期の作品は和田三造や高橋由一、鴨居玲のような重厚な感じを受けました。ヨーロッパに渡ってからは向うの画家の影響を受けているようで、
色々とタッチが変わり、研究していたのだと思いました。
余談ですが、生野町は銀山でも有名ですが、
黒澤映画や男はつらいよのひろしの父親役でお馴染でした、志村喬の故郷です。
常設展ではマティスやモネ、クールベ、僕の好きなユトリロの良い作品が見れて良かったです。

美術館を出て、東側野里方面を散策しました。
以前掲載致しました自転車屋さんの絵を描いた所などを回ってみました。
薬局
                            西洋風の薬局屋さん
自転車屋跡
薬局の隣が自転車屋さんだったのですが駐車場になっていました。残念です。
壁
柿の木と塗装が剥がれレンガが透けて見える壁が目に入りました。壁 - コピー
レンガの色はきつ過すぎず劣化して行く様も綺麗で惹きこまれます。


野里の商店街
商店街全
日曜日なのに人がいなく、お店はほとんど閉まっています。
古い家が多いので歴史を感じます。たばこや
10.jpg
取材も兼ねての散策でしたが僕が以前歩いてから十数年が経っていたのでまた変わっていました。
堀
お城の外堀で休憩し、のんびり泳ぐ魚を眺めて帰りました。
少し桜の葉が色づいて来ています。
秋の姫路はとても綺麗です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

akashi

Author:akashi
1977年兵庫県明石生まれ  1998年にバイクで西日本を回り、出会った人々の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描くようになる -このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ (0)
日記 (701)
お知らせ (180)
過去の仕事 (8)
ポートフォリオ (0)
作品 (91)
未分類 (53)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR