FC2ブログ

2019-05

長谷寺、拝観

山の中での撮影を終え、長谷寺に向かいました。
外からの見る長谷寺の全景がメイン行ったのですが、どうせなら見ようと
言う気持ちぐらいでした。
長谷寺は、山に広がるお寺で拝観料を払い、仁王門を通ると、長い登廊があります。
その作りは美しく、下から上を見上げると、どこまでも続いているかの
ように見えました。登廊は寺の中心にあり、低い石段を登りながら
風情ある、石垣や灯籠、木々や花々を見ることが出来ます。
登廊を最後まで行くと、本堂があります。
本堂に着いたのが12時でした。
すると、何人かの若いお坊さんが、ほら貝をもって登廊の上にある建物に
登って行きました。鐘と鳴り、お坊さんたちがほら貝を一所懸命に吹いていました。
中々大変みたいで、唾がほら貝に溜まるらしく、掃除をしては吹くの繰り返しを
していました。本堂は舞台があり、春の山々や西に立つ五重塔が桜の中に見えます。
多くの人や家族連れが写真を撮っています。
本堂の中には立派な仏さまがおりますが、神聖な場所なので、撮影は出来ず、
お参りだけとなっていました。
思いかけず、素晴らしい建物や美しい景色に感動しながら、境内を回りました。
神社、仏閣はあまり書かないのですが、外部かと内部から見て、古からの
日本の美に少し振れた気がしました。
長谷寺では四季折々に花が咲き、美しい場所のようです。
本当に感動し、素晴らしい所でしたので、是非、行っていただきたいです。

keidai (5)
拝観料を払って仁王門へ
keidai (6)
登廊。本堂へ

keidai (7)

keidai (3)


keidai (4)

keidai (9)
五重塔

keidai (10)

keidai (2)

keidai (11)

keidai (12)

keidai (13)
画像をクリックすると、大きくなります


奈良県桜井市 長谷寺へ

奈良県にあります、長谷寺の桜が綺麗だと言う事で行って来ました。
明石駅から、長谷寺までは2時間弱ですが、アトリエから行くと、約2時間30分の片道です。
天気も良く、午前中の柔らかい光の中で気に入った風景を撮影と思ったので、
通勤の会社員の方々に混じりながら行きました。
鶴橋から近鉄電車に乗ると、徐々に山が多くなり、川沿いを通る車窓からは
満開の桜が見えました。長谷寺でも良い感じかなと期待が高まります。
長谷寺駅に着くと肌寒く、持参したウィンドブレーカーを羽織りました。
駅からは、徒歩15分です。
駅は山の少し登った所にあり、長谷寺までは、駅を下って橋をわたると、参道が続いています。
長谷寺の前には山があり、そこにある愛宕神社からの風景が良いと調べていたので、行こうと思いました。
しかし、この辺と思っていた道がまさかの工事中で、通行止めでした。
他にもルートがあるだろうと、安易な気持ちで歩いて行きました。
長谷寺の前に着くと、綺麗なしだれ桜が咲いていて、多くの人が撮影しています。
まずは、長谷寺の全景が撮りたいので、先ほど通行止めでした以外のルートを
探す事にしました。
長谷寺の前には川が流れていて、その前に山があります。
近くに朱色の橋が見えたので、渡ることにしました。
橋を渡ると階段があり、登っていくと、素盞雄神社と玉鬘神社がありました。
そのあたりからのも桜に囲こまれた長谷寺が美しく見え、何枚も写真を撮りました。
長い回廊が有名な長谷寺なのですが、ここからは回廊があまり見えませんでした。
もう少し違う角度でと思い、通行止めになっていた方向へと、山を登りました。
前日の雨で、地面はぬかるみ、落ち葉で滑ります。カメラ片手に気を付けながら歩くと、
違う神社の境内に続く階段につきました。
ここの神社へ続く道は、角度が違う気がして、階段下の鳥居を潜りました。
鳥居の側にはまた、山側に小さな山道がありました。
そこをまた、歩くことにしました。山は険しくなり薄暗いので
不安になりながら進むと、峠につきました。
峠には大きな木があり化粧坂と書いてあります。
神社の近くに化粧坂と言うところがあると聞いていたので、
探しましたが全然見当たらず、イノシシ捕獲の檻や
道がないので、あきらめて、この辺りで撮影出来そうな場所を探しました。
僕が来た道から、旦那さんが杖をつかれた年配のご夫妻が来ました。
お話をすると、ご夫妻も長谷寺の見える場所を探しているようでした。
ここからは険しいので、危ないですよと言うと、戻られてゆきました。
木々が生い茂っていて綺麗に見えませんでしたが崖から落ちないように、
何枚か体を揺らしながら撮影しました。長くなりましたので、
また、後日アップします。

hahahhahaa (1)
長谷寺駅前です
hahahhahaa (2)
参道です。長谷寺の前は飲食店や草餅を扱うお土産物屋さん
などが並び、にぎやかです。

hahahhahaa (3)
ここを渡り、長谷寺を撮影
hahahhahaa (4)
画像をクリックすると、大きくなります。
後で見返すとここも良いかなと思いました

hahahhahaa (5)
本当はもっと暗い山道

hahahhahaa (6)
化粧坂。イノシシが出ないことを祈りながら撮影場所を探してました

hahahhahaa (7)
画像をクリックすると、大きくなります
必死で撮影しました💦

常滑市へ

名古屋市内で一泊し、名鉄電車に乗って常滑焼の里に行きました。僕の好きな
赤色の電車に乗り、40分程で常滑駅に着きました。駅前の観光案内所で地図を
貰うと、やきもの散歩道マップと書かれていました。地図を頼りに歩くと、多くの招き猫
が置いてありました。みんな個性ある猫たちで、楽しくなるようなしぐさの物が多いです。
道路沿いにも巨大な猫があり、人気があるようです。
散歩道には多くの窯元やお店が並び、道の塀などには多くの陶器が使われています。
瓦屋根も多く、懐かしい街並みがすごく気に入りました。地図以外の場所も見たくなり、
路地を探検するように歩いては、方向が分からなくなり、また地図を見直すの繰り返しながら
歩きました。懐かしくもありながら、住んでいる方たちの営みがしっかりとした名産と共に
歩んでいるのかなと思いました。

tokoname (1)
沢山の招き猫が迎えてくれます

tokoname (4)
巨大な招き猫。とこにゃん

tokoname (3)

tokoname (6)

tokoname (2)
可愛い手押し車。おばあさんが押しているところや、販売しているお店もありました。
この辺りではこれが当たり前なのかな?
tokoname (5)

tokoname (7)
桜も満開でした。レンガ色の煙突が多く素敵です
tokoname (8)

tokoname (9)
良い街並みでした。また、愛知、東海地域を回ってみたいです。

名古屋へ

個展の展示の為、3月の29日に上京し、初日、二日目の30.31日を東京で過ごしました。
1日に明石に戻る前に名古屋に寄りました。
名古屋では取材をする事(作品制作の為)と名古屋の、美術事情を知りたくて、
名古屋画廊の中山さにお話を聞くことがメインでした。
伊勢や豊橋に行くときに、乗り継ぎなどで、名古屋駅に降りたことはありますが、
街を歩く事は初めてでした。
地下鉄や道などがわからないので、
駅の観光案内所で聞き、名古屋画廊へ向かいました。
中山さんは初対面にも関わらず、丁寧にお話をして下さり、多くのアドバイスを頂きました。
美術と向きあい、長年誠実に接しておられる事を強く感じました。
また、名古屋の風景も描けたら、見ていただきたいと思いました。
中山さんから名古屋城を見に行くと、話すと、名古屋市役所の
建物が良いと勧められました。テレビ塔も見たいので、地下鉄の栄駅で降りたのですが、鉄塔の
周りが工事で少し残念でした。名古屋の街や、道は広く大きく、ぶらぶらと
市役所、名古屋城まで歩きました。名古屋城へ近づくと、いくつかの堀が見えてきました。
堀には水がなく、草が生い茂り、黄色の花と堀の側に咲く桜が綺麗でした。
スマートフォンのナビを見ながら市役所の前につくと、その大きさと、和洋折衷の個性的なフォルムに
見とれてしまいました。人目も気にしないでカシャカシャと写真を何枚か撮り、名古屋城へ向かいました。
東京もそうなのですが、海外のひとが多く、観光地は日本人よりも海外の方が多くあったです。
着物を着て自転車を乗っている姿に寒いし、動きにくくないのかなと少し苦笑い。
名古屋と言えば名古屋城と言うイメージでしたので、楽しみだったのですが、工事が多く、
桜も綺麗でしたが、少し残念でした。また、テレビ塔もそうなのですが、工事が終わってから
見に行きたいです。
この日は名古屋に一泊して、次の日、焼き物の町、常滑に行きました。
少し長くなったのでま、続きを描きます。
nananag (6)
テレビ塔
nananag (2)
堀の花と桜が綺麗でした。
nananag (1)
名古屋市役所。大きくて凄い迫力です
nananag (3)
名古屋城
nananag (4)

nananag (5)
堀の側の公園。何気ない風景が好きです



アトリエ・ベランダの修理

今日は暖かく、気持ちの良い日でした。
昨年の暴風でアトリエのベランダの雨除けが一反木綿のように飛んで行ってしまい、
半年以上もそのままでした。忙しくて、伸ばし伸ばしにしていましたが、
蚊が出る前にと思い、修理をしました。上を向いたり、脚立でのならない作業で
大変でしたが、補強もしたので、前よりも丈夫に頑張ってくれると思います。
ラティスもボロボロでしたので、ベランダの柵に合わせて同じ色を塗りました。
もう一枚ありますが、また、日を改めて塗ります。
アトリエは古い家ですが、愛着があり、気にいっています。
また、門やポストを塗ったり、気分転換もかねて、作業していきます。

IMG_20190405_111402.jpg

oo.jpg
飛んでなくなりました

DSCF8288.jpg
外での作業はいつもツナギです。沖縄で買いました

DSCF8291.jpg
ポりカーボネートなので、前よりも丈夫です。

yfvyu (1)
ラティスを付けます
yfvyu (2)
柵に合わせて色を塗ります。耐久性も上がります


yfvyu (3)
今日は疲れたので後日します。

«  | ホーム |  »

プロフィール

akashi

Author:akashi
1977年兵庫県明石生まれ  1998年にバイクで西日本を回り、出会った人々の温かさや風景に触れ、郷愁をテーマに絵を描くようになる -このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ (0)
日記 (530)
お知らせ (166)
過去の仕事 (8)
ポートフォリオ (0)
作品 (89)
未分類 (52)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR